住宅ローンの返済と審査の基準について

毎月の住宅ローンの支払いをしていると多額の現金を手に入れる事もあるかと思います。
そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。
繰り上げ返済をすると、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を根本的に減らす事ができます。
借入額が減る。
という事は、月々の返済額も減る。
という事です。
繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利・変動金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
といった事もなく、どちらも公平な審査の元で行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
フラット35という名前の住宅ローンフラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様審査が少し変わっています。
ですが、フラット35の審査は少し違う点もあり住宅の価値を重視して審査を行います。
他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。
自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。
審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。

住宅ローン審査基準甘い銀行は?通りやすい!【勤続年数と年収】