カジノで撮影された映画って?

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔いは、ラスベガスのカジノを舞台に撮影された映画です。
ハングオーバーは第67回コールデングローブ賞でコメディ・ミュージカル部門の作品賞を受賞しています。
監督はトッド・フィリップス、脚本はジョン・ルーカス、スコット・ムーア、撮影はローレンス・シャー、主演はブラッドリー'クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキスです。
内容は、結婚式を控えたダグ・ビリングスが、独身最後の夜を悪友や新婦の弟とバチュラー・パーティを満喫するためにラスベガスに向かい、カジノでギャンブルや酒を楽しむところから始まります。
パーティーの翌日、酷い二日酔いで目覚めると、ホテルの部屋はぐちゃぐちゃになっており、3人のパーティの記憶はなくなっていました。
部屋にはトラや乳児がいる状態で、花ムコのダグの姿はありませんでした。
そこから、記憶を手繰りながらダグを探し、乳児の母親を探す旅が始まります。