住宅ローン金利優遇の条件とは?

住宅ローン金利の固定金利優遇の条件については、明確な基準があるわけではないと思いますが、一言でいえば銀行がどのくらいその人に貸したいか、返済が厳しくなる可能性が低いかということに尽きると思います。
住宅ローン金利の優遇金利の一番の要素は勤務先になるでしょう。
公務員や大企業の社員でしたら給料や会社も安定していて辞める人も少ないからです。
次に考えられるのが、返済の比率が高いか低いかです。
給与に対する返済額の割合が低ければ安全と言うことになります。
そのほか自己資金を購入金額の何パーセントくらい出すかも判断材料になります。
各金融機関ごとにおそらく基準は決まっているのだと思いますが、あまり一般的に公開されていません。
さらに、紹介先の不動産会社や建築会社により優遇が変わる場合もあるようです。