自営業住宅ローンの親子リレー返済とは?

自営業で住宅ローンを組みたいときに年齢が壁になってくるときには親子ローンを検討してはどうでしょう。
多くのローンでは完済時の年齢が80歳を超えないこととしていますし、70歳を超えるとほとんど審査に通らなくなってきます。
ただ、親子ローンであれば、引き継ぐ子供や孫がいれば自営業でも住宅ローンを組むことが可能です。
実際に親子で自営業をしている場合には、技や経営方法などを受け継ぐと同時に、住宅や店舗を引き継ぐということも多いのですから、代替わりを見越して親子リレータイプの住宅ローンを申し込むという考え方もあります。
ただし、事業を継ぐ予定がない場合には債務を子供や孫に残すことになりますから、慎重に考えた方がいいですね。
自営業の住宅ローン審査の基準が緩いのは?